ベータグルカンの歴史 (4)

ベータグルカンが高純度化されたのは1990年代のパン酵母ベータグルカンの精製技術の進歩の成果です。

この1990年代を境に欧米では、ベータグルカン健康食品の主流はパン酵母由来のベータグルカンへと置き換わりました。それまでの主流であったキノコ原料に由来する健康食品・サプリメントの機能性成分がベータグルカンであると特定されたことも大きな影響があったことでしょう。

同じベータグルカン量で比べると価格が非常に安く、また高純度化の副産物として不純物の低下と安全性を兼ね備えたパン酵母ベータグルカンは、合理的な思考をする欧米人にとって理想的なベータグルカン健康食品だったのです。

このように欧米ではパン酵母ベータグルカンが大ブームとなり始めたため、日本でもいくつかのパン酵母ベータグルカン健康食品が販売を開始されました。

しかし、日本の健康食品市場におけるパン酵母ベータグルカンは、業者の思惑から超高級なサプリメントと位置づけられたために、
1本あたりの販売価格が5,6万円を超える高額品として、限られた富裕層にしか利用できないサプリメントだったのです。

奇しくも1990年代の日本はアガリクスブームの真っ只中で、大袈裟な効果や虚偽の感想による誇大広告がまかり通る異様なマーケットでした。ここでは、あまりにも正当なパン酵母ベータグルカンの宣伝や紹介記事は、注目を集めるのは難しかったのです。

そしてその傾向はまだまだ続いており、いまだに次々と新発売される"奇跡の"キノコ健康食品の大袈裟な宣伝広告に埋もれて、高純度のパン酵母のベータグルカンを知る人少ないようです。

パン酵母ベータグルカンを手にできる人は、資金的に余裕のある人か、もしくは余程に健康食品やサプリメントを研究した人に限定されていると言えるでしょう。

| ベータグルカンとは | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカンの歴史 (3)

ベータグルカン健康食品の先駆けとして1940年代に開発されたパン酵母抽出物「ザイモサン」は、その後40年を経て「パン酵母ベータグルカン」と通称が変化していきました。それはパン酵母ベータグルカンの普及に平行して浸透した成分名に由来しています。

ベータグルカン普及のきっかけの一つは高分子多糖類の分析技術の向上です。ベータグルカンを構成する単糖のグルコース個々の連鎖形状を把握することが可能になったベータグルカン検査技術の発達が大きく寄与しました。

それ以外にも1980年代にはベータグルカンの精製技術が飛躍的も進歩したことで、たんぱく質や脂質などの不純物が激減することで副作用のリスクが無くなり、と同時にベータグルカンの純度が非常に高く効率が良くなったのです。もはやパン酵母ベータグルカンは、比肩するものが無い程に高純度のベータグルカン食品と位置付けられたことが、ベータグルカン=パン酵母ベータグルカンの通称を定着させたと言えるでしょう。

他方、ベータグルカンの分析技術の向上は、パン酵母抽出物だけでなく、キノコ抽出物の中にも共通している機能性成分の正体がベータグルカンであることも解明しました。それは、品質の良いベータグルカンを摂取することこそが、食品の原料由来に関わることなく、重要だということも、ベータグルカンを巡る各種の実験で解ってきたわけです。

そうすると高額な商品代金ほどにはベータグルカンが含まれていないキノコ健康食品の価値は下落しました。手ごろな価格でベータグルカンが多く入っているパン酵母由来のベータグルカンの優位は明白であったのです。

このような状況では、成分名に注目される「パン酵母ベータグルカン」の名称が定着するのは必然だったのです。2000年以降では、キノコ原料の健康食品はすっかり下火となりレトル主義ともいえる存在と化しています。

今や成分名であるはずの「ベータグルカン」といえば、商品名である「パン酵母抽出のベータグルカン」がほぼ同義語となっていることが全ての実態を反映しています。
 

| ベータグルカンとは | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカンの歴史 (2)

高純度ベータグルカンの歴史は、1940年代のアメリカで開発されたパン酵母ベータグルカンまで遡ります。

しかし、この当時には高分子成分を特定・検出する検査技術はまだ確立されておらず「ベータグルカン」という成分さえも不詳の時代でした。そこで、パン酵母=イースト菌からの抽出物の素晴らしい機能性に着目した研究者は、"商品名"として「ザイモサン」と命名したのでした。

このように高純度ベータグルカンが食用として用いられ始めたのは、酵母エキスではなく薬品として販売され始めたのがベータグルカンサプリメントの歴史の始まりです。

ところが、この1940年代のパン酵母ベータグルカンは精製技術が低かったために、たんぱく質が多く残る粗悪品の域のベータグルカンでした。患者の体質によっては酵母アレルギーが発現する可能性が示唆されたために、ザイモサンを摂取して恩恵を受けられない患者も少なからずあったのです。

その後、ザイモサンの中のベータグルカンの機能性は多くの実験で証明されていましたが、精製が不十分だったザイモサン中のたんぱく質がアレルギーの原因と特定されるのは、
それから40年以上の時間と数多くの研究者の努力が必要でした。
そして、1990年代にはパン酵母からのベータグルカンを抽出・精製する技術が飛躍的に進化したことで、酵母アレルギー原因であったたんぱく質が殆ど除去された製品が供給されるようになったのです。

現代のパン酵母抽出ベータグルカンはこのような長い歴史によって研ぎ澄まされた健康食品なので、副作用はもちろんのこと、酵母アレルギーの懸念も全て払拭されています。

永い歴史による証明は安心の源であり、パン酵母ベータグルカンの信頼性が非常に高いことの根拠となっています。

| ベータグルカンとは | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカンの歴史 (1)

ベータグルカンを含んだ健康食品を、人類がその機能性を意識しながら摂取し始めたのは、殆ど有史以来と考えられます。
それは世界各地に伝わる「幻のキノコ」「伝説のきのこ」にベータグルカンが含まれていたからです。つまり歴史とともに人類はベータグルカンを利用し、恩恵を受けてきたわけです。
古くは冬虫夏草や花びら茸、鹿角霊芝などのキノコも人里離れた山深い特殊な環境下にしか自生しなかったため、収穫される絶対量自体が少なく、文字通り滅多に食べられないありがたいキノコであったことでしょう。

薬だけでなく、健康食品やサプリメントの類も満足に無かった時代には、洋の東西を問わずこれらの不思議なキノコは現代人の想像以上に重宝がられたのです。
もちろん、これらのキノコの何が病人に効果があるのかは知る由も無く、その正体がベータグルカンだと解明されたのは、高分子化学が発達したごく近代のことです。

現代では幻のキノコの殆どが、人工栽培に成功したことで、食材としてだけでなく健康食品・サプリメントとして商業的に大量生産されています。

しかし、キノコ原料の健康食品は原料の製造技術が向上したものの、最終の製品の価格は高額で高止まりしたままであり、製品の肝であるベータグルカンの量は太古の健康食品である乾燥キノコと大差無いものです。
パッケージだけが豪華になったことで不要な付加価値が価格転嫁されているのは許し難い販売手法かもしれません。

現代のベータグルカン健康食品としては、やはり「パン酵母原料のベータグルカン」が、そのベータグルカンの量と質、さらには価格の点でバランスが取れているため、普及が進んでいます。

 

| ベータグルカンとは | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカンの種類

ブドウ糖や果糖など糖質の最小単位である単糖が多数結びついたものを多糖といい、多様な構造や種類があります。
この多糖の一つがグルカンであり、これはブドウ糖のみが結合したもの高分子で、その結合の仕方によってα(アルファ)とβ(ベータ)の二種類に分けられます。

ブドウ糖の分子は、分子中の6個の炭素が骨格となっており、それぞれに1〜6の番号が付されています。
これらの炭素にそれぞれ水素や酸素の原子が結合して構成されているのがグルカンの分子です。
1番の炭素には隣りのブドウ糖と結合できる"手"が一本ついていて、その手の向きによってα型ブドウ糖とβ型ブドウ糖に区別されています。
α型ブドウ糖が1番炭素の下向きの結合手を使って隣りのブドウ糖とつながる結合様式をα結合 (αグルコシド結合)と呼び、
同様に、β型ブドウ糖が上向きの結合手を使ってつながる結合様式をβ結合 (βグルコシド結合)と呼びます。

α型ブドウ糖だけがα結合でつながった多糖類をαグルカン(アルファグルカン)と呼ばれ、
大多数のグルカンはこのαグルカンです。αグルカンの代表には、デンプン、デキストリン、ポリデキストロースがあります。

また、β型ブドウ糖がβ結合でつながったもの、これがβグルカン=ベータグルカンです。
単糖のブドウ糖の結合の仕方によってβ(1-4)グルカン、β(1-6)グルカン、β(1-3)グルカン、β(2-3)グルカンなどに分類されるのは、多糖の構造が違うことによって物質の性質も違うことを意味しています。
この内、ベータ1・4Dグルカンは紙の繊維質であるセルロースとして有名な一方、ベータ1・3Dグルカンに健康食品としての機能性が認められることが研究で明らかにされました。
同様の実験からベータ1・6Dグルカンに関しては機能性は全く無いという結果が出ています。

健康食品やサプリメントにベータグルカンが配合されることが多くなっていますが、具体的には配合されているベータ1・3Dの量が商品価値となります。

| ベータグルカンとは | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカンとは (3)

ベータグルカンとは、多糖類の一種です。
近頃では健康食品やサプリメントの成分として注目されているのが多糖類ベータグルカンです。

ところで「多糖類」とは水素、炭素、酸素の原子が複雑に結合した分子がさらに数多く結合することで高分子という状態を成している物質の総称です。糖と名の砂糖(ショ糖)もその一種ですが、広くはジャガイモやご飯に含まれているデンプンも高分子化学では多糖類グルカンの一種に分類されます。

ベータグルカンは、水素、炭素、酸素が結合したグルコース分子が多数結合したグルカンという高分子の一種なのです。同じようにグルコースが多く結合した高分子グルカンにはαグルカン(アルファグルカン)があります。身近な例としてはデンプンがアルファグルカンから出来ています。単にグルカンと述べた場合には、これらのαグルカンとベータグルカンを両方を含めた総称なのです。

ベータグルカンを摂取するためには、キノコや酵母を食べることで補えます。

しかし、大量に摂取する必要がある場合には、健康食品やサプリメントも選択肢です。ベータグルカンを含む健康食品、サプリメントは沢山の種類が販売されていますが、パン酵母から抽出したベータグルカンサプリメントは、品質と価格のバランスがよいため、世界中でベータグルカン健康食品の主流となりつつあります。

| ベータグルカンとは | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカンとは (2)

ベータグルカンを日本で有名にしたのは、1990年代のアガリクスブームです。
不思議なキノコとして大々的な宣伝がなされた結果として、 多くの商品が開発され、健康食品業界に多くの利益をもたらしました。 そのベータグルカンの内実は、品質の悪い商品でも、派手なパッケージと包装によって高級感を演出しつつ、価格設定も高額にすることで、内容以上の効果を印象付けるものでした。日本では高額な健康食品ほど、効果も高いされる間違った知識も悪影響でした。

その後はアガリクス健康食品に共通する不純物の副作用が問題化したことで、アガリクスブームを沈静化しました。
しかし、その後も健康食品ブームは継続するどころか益々ヒートアップしたことで、アガリクスに続き、メシマコブ、マイタケエキス、ハナビラタケ、ハタケシメジとキノコを原料とした健康食品が次々と開発投入されました。これらに共通するのはベータグルカンという機能性成分が含まれていることです。

それぞれに「豊富なベータグルカン!」「ベータグルカンが○○mmg」と、いかにも沢山のベータグルカンが含まれているように宣伝されています。

しかし、実際にはこれらのどのキノコにベータグルカンは微量しか含まれていません。
抽出・精製した製品が多くとも30〜40%のベータグルカンが入っているだけで、酷い場合には5%以下の粗悪品まである始末です。

今やキノコ健康食品も下火になりつつあります。
ベータグルカンを摂取するための世界標準とも言える健康食品「パン酵母のベータグルカン」が日本でも浸透し始めたことは僥倖とも言える現象です。「パン酵母のベータグルカン」とは、パン酵母=イースト菌からベータグルカンを抽出することで、最終的な製品でのベータグルカン純度を60%〜85%以上まで高めた画期的な健康食品です。

ベータグルカン=パン酵母のベータグルカンとなるのが今後の常識となっていくでしょう。

| ベータグルカンとは | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカンとは (1)

ベータグルカンとは、グルコースが多数結合してできている高分子多糖類の名前です。ベータグルカン以外にもアルファグルカンというグルカンも存在しています。

ベータグルカンが有名となって注目を集めるにしたがって、多くの健康食品にベータグルカンが含まれていることを宣伝するようになってきました。ベータグルカンの量を比較して多い方が優れた商品とされています。

ベータグルカンが多い食品として多くの人がキノコを思い浮かべるでしょう。キノコを原料とする健康食品は1990年代から爆発的に宣伝販売されており、アガリスクスから始まった不思議なキノコブームは商品や原料を変えて継続しています。今では、メシマコブやハナビラタケ、マイタケ、冬虫夏草(とうちゅうかそう)や霊芝(レイシ)を原料とした健康食品が該当します。それぞれの製品がベータグルカンの量を比較して、多い、少ないを論じており、製品全体の5〜20%程度がベータグルカンとされています。

実はベータグルカンを最も多く含んでいるのは、キノコではなく酵母菌の細胞壁であることが判明しました。既に健康食品の先進国であるヨーロッパやアメリカでは実用化が進んでおり、「Baker's Yeast Beta Glucan」=『パン酵母由来のベータグルカン』として普及が進んでいるのです。

この「パン酵母抽出のベータグルカン」はベータグルカンが60〜85%も含まれており、従来のキノコから抽出されるベータグルカンに多かった不純物は殆ど精製除去されています。

「パン酵母抽出のベータグルカン」は価格が高いものの品質が非常に良いため、品質重視の日本市場でも確実に展開されていくサプリメントに間違いありません。
 

| ベータグルカンとは | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカンSEO-Links 1

ベータグルカンは純度の高さが可能性の高さに比例します。

  1. 検索エンジンActionSEO
  2. グッドラッシュサーチ
  3. うれしいネットサーチ
  4. SEO対策検索サイト
  5. 無料リンク集
  6. 自動リンクでSEO対策
  7. オレンジ総合リンク集
  8. 沖縄写真とアクセスアップ
  9. お酒が飲めるお店サーチ
  10. SEO相互リンク集Links
  11. 補助食品ベーターグルカン
  12. All Nippon Search
  13. 相互リンク募集
  14. 【これいくら?ドットコム】
  15. キャッシング比較
  16. 情報満載!Useful Site.jp
  17. Web情報【 Linkdoor 】
  18. G-コレクション
  19. 検索エンジン Mayuサーチ
  20. 検索 New Wave
  21. 猿でも出来るSEO対策サーチエンジン
  22. アクセス向上 Access Up Avenue
  23. SEO対策支援相互リンクLINKSITE.BIZ
  24. まるるサーチ
  25. コミュサイト
  26. コスモかわらばん
  27. DREAM SARCH
  28. 情報BOX & ネット・モール
  29. 抗がん情報ネット
  30. SEO対策アクセスアップリンク
  31. Kサーチエンジン
  32. ビズマッチ・サーチエンジン -stop
  33. βグルカン完全ガイド
  34. やまぐちWEB
  35. 美容整形外科、プチ整形と矯正歯科ナビ
  36. Cyber Gates
  37. SEO 対策 リンク集
  38. 検索キング
  39. 相互リンク集PCTY
  40. SEO対策さむらいassistサーチ
| ベータグルカンとは | 11:11 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE