<< 野村監督のカバノアナタケとベータグルカン | main | パン酵母グルコポリサッカライドとは (1) >>
ハナビラタケ健康食品の注意点
キノコの一種「ハナビラタケ(花びら茸)」や黒酵母ベータグルカンベータグルカン健康食品が、売れているそうです。

ハナビラタケ(花びら茸)は「奇跡のきのこ」として、非常に派手な、ある時には薬事法違反の大げさな広告を展開することで、「有名」な健康食品となりました。
実際には人工栽培技術が確立されているので、安価に、かつ大量に製造できるのですが、付加価値として貴重なキノコのイメージを保ちたいので今だに「奇跡のキノコ」と称されています。
ベータグルカンが機能性成分として含まれていることが、ハナビラダケの最大の特徴ながら、実はハナビラタケのβグルカン(ベータグルカン)の含有率は40%前後。これは数ある「奇跡のキノコ」の中では比較的多い方なのですが、現代のバイオテクノロジー全盛のサプリメントとしては非常に見劣りする品質です。
それでも売れるのは大げさな宣伝広告のおかげでしょう。疑わしい宣伝、怪しい広告も何度も、繰り返し、場所を替え、媒体を変えるて、見せられ、聞かされ続けると、「有名なのかな?」と信じ掛けてしまう人が大勢出てくるでしょう。
もはや洗脳に近いような「間違い偏った情報」でも、自分の中で消化し、信じこんでしまった場合には、「知識」となってしまいます。
口コミ投稿やクチコミ掲示板」などで、ハナビラダケが語られることが多いのは、宣伝広告としての"サクラ"業者と、間違った知識を信じこんでしまった人の発言です。

真実は、
ハナビラタケキノコとしては優秀だが、最新のパン酵母ベータグルカンの品質には全く及ばない」
ハナビラタケのベータグルカンは40%程度だが、パン酵母ベータグルカンは2倍以上の純度80%を超えている」
と、シンプルな結論です。

近代バイオテクノロジー技術の結晶であるパン酵母βグルカン(ベータグルカン)の中でも、世界最高品質であるベータグルカンの純度が最低保証でも85%以上を実現しているのが、『オルタスβグルカン85』。

他の追随を許さない超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』は『βグルカン本舗』が製造直販中です。


Keywords: はなびらたけ, ハナビラダケ, はなびら茸, ハナビラ茸, ベーターグルカン
| ベータグルカンの比較 | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://glucan.ortus.jp/trackback/965678
トラックバック
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE