<< 酵母エキスとベータグルカン | main | ベータグルカンとインフルエンザの実験 >>
ベータグルカンの飲み方 = 味

初めて食べる食べ物、ましてや"健康食品"を食べるには、臭いや味が気になるものです。

βグルカン(ベータグルカン)健康食品も多くの人が初めてのことが多く、苦みやエグミが嫌だとか、どのようにして飲むのか解らない、といった疑問が多いのです。
結論としては、「パン酵母由来のβグルカン(ベータグルカン)」なら、苦味もエグミも気にせず楽に飲めます。

実は、旧来のキノコを原料としたハナビラタケやチャーガなどのベータグルカン健康食品ば、キノコ特有の土臭さや、時には苦味がある商品が存在しました。キノコ由来のベータグルカン健康食品は全般的に精製工程が殆ど無く粉砕だけで商品化されていることから、多く不純物が残っていることから培地(土壌)の香りや味も残るものだったのです。精製工程を経たとされるキノコ由来のベータグルカンでさえて不純物は50%前後と純度が低いため、味が酷いのも当然でした。

しかし、精製工程がしっかりしているパン酵母由来のベータグルカンは、ほぼ無味・無臭です。その為、粉末タイプのベータグルカンを摂取する際にも、水に溶かすだけで苦も無く飲まれている方が殆どなのです。(ベータグルカンは粒子が細かいので、粉末だけを先に口に入れて、後で水を飲む摂り方はお薦めしません)

パン酵母ベータグルカン」と聞くと香ばしい味を連想する方も多いようですが、水に溶いたベータグルカンは、ほぼ無味/無臭です。強いて挙げるとすると「粉っぽい」味だと言えるかもしれません。
ただし、苦味やエグミも無いとはいうものの、美味しいものではありません。体のために少しだけ我慢は必要と理解下さい。

多くの方は、カプセルタイプからベータグルカンを初めて、相性が確認できた後に量的に安い粉末タイプのベータグルカンへと移行されますが、カプセルから、水に溶いた粉末タイプへの移行は問題無いようです。

なお、子供さんや嚥下障害のあるお年寄りがベータグルカンを摂取する必要がある場合には、フルーツ味の付いた「薬用ゼリー」のご利用をお薦めしています。
「薬用ゼリー」は、一般的な薬局やドラッグストアで200〜300円程度で販売されているので、ご利用をご検討下さい。

| ベータグルカンの疑問 | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://glucan.ortus.jp/trackback/893844
トラックバック
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE