<< 水溶性ベータグルカン | main | ベータグルカンの飲み方 = 味 >>
酵母エキスとベータグルカン
酵母エキス」という健康食品は実質はベータグルカン健康食品の一種です。「菌」と呼ぶと不衛生な印象が出てしまうために、「酵母」と呼ぶことで体に良いモノとの印象を強調しています。

ここで、「エキス」という語感からは水分が豊富な果実等を圧力を掛けて搾り出したかのような印象を受けますが、総じて10ミクロン前後と非常に微小な酵母は物理的に水分を絞れるわけではありません。「酵母エキス」を抽出するには、絞るのではなく、化学的に酸やアルカリ、酵素を利用して、目的とする機能性成分を取り出すのです。その後、精製することで初めて健康食品としての製品になります。

この「酵母エキス」と呼ばれる健康食品には、「黒酵母エキス」の宣伝が顕著ですが、その他には、「ビール酵母エキス」、「パン酵母エキス」などが一般に発売されています。これらの酵母エキス健康食品に共通している機能性成分とは、ベータグルカンという多糖類の一種です。つまり、原料や製法は異なっていても最終的に目的としている成分は同じベータグルカンであり、どれだけベータグルカンという成分を多く、効率よく抽出するかによって酵母エキスの製品の優劣が決されることになります。

このベータグルカンは、黒酵母から製造される場合には酵母菌の体の外周にベータグルカンがゼリー状に作られるために、酵母菌の培養液をベータグルカン水溶液として回収します。黒酵母エキスの場合には特段濃縮や精製工程はなく、この後の製品化までは殺菌消毒するだけの工程です。最終製品としての黒酵母エキス=黒酵母ベータグルカンは濃縮されていないので、含まれているベータグルカンは非常に少なく0.5〜2%前後です。それでも0.5%きざみでベータグルカンの含有量が増える程に数割り増しで価格も増加するのが黒酵母エキス健康食品の特徴です。
このような黒酵母を原料とする製造工程から、黒酵母エキスは製品名として黒酵母培養液や黒酵母ベータグルカンと呼ばれるのです。

一方、パン酵母を原料としてベータグルカンを抽出する場合には、
酵母菌の体内の奥深くにある細胞壁という部位を取り出す必要があります。この酵母菌の体内深い細胞壁はベータグルカンそのもので構成されているため、非常に純度が高い60〜85%のベータグルカンが抽出できるのです。
しかし、酵母の細胞壁の前にはマンナン質という硬い殻で覆われているために、マンナン質を取り除かなければ細胞壁からベータグルカンを抽出することができません。この工程に非常に手間と時間が掛かることがパン酵母エキス=パン酵母ベータグルカンを高価にさせています。

黒酵母エキスの製造のように培養液を煮沸消毒するだけの簡略な工程であれば、ベータグルカンの抽出は容易であり、費用も安価に抑えられるのですが、黒酵母エキス=黒酵母ベータグルカンの価格は非常に高いのは不可思議な現象です。

一方のパン酵母ベータグルカンは精製純度を上げることを目的に精製工程が非常に複雑です。結果として、ベータグルカン純度は60〜85%と非常に高い品質が実現されているものの、価格もそれなり高価です。販売店によっては、米国産の良質のパン酵母ベータグルカンは、60粒入りが6万円近い高額サプリメントとして堂々と販売されています。

しかし、毎月継続して購入が必要な健康食品を続けれれる人は非常に限られているようです。しかし、もの高価なはずのパン酵母ベータグルカンも米国では、60〜100ドル(7000〜12000円)程度で数多く販売されているのが実態です。もちろん1本が100ドル前後となるサプリメントは米国でさえも高級サプリメントなのですが、日本でのパン酵母ベータグルカンはまさに法外な価格で販売されているとしか言えません。

日本でのパン酵母ベータグルカンは知る人ぞ知る高級サプリメントだったのですが、2000年以降は日本でも普及が始まりました。今では、品質も価格も米国並みの優れたパン酵母ベータグルカンを日本で入手することも可能です。

酵母エキスの比較には、ベータグルカンの量と質と価格を考慮する必要がありますが、今のところパン酵母ベータグルカンが最善の選択となっています。
| ベータグルカンの比較 | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://glucan.ortus.jp/trackback/843097
トラックバック
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE