<< ベータグルカンとは (2) | main | ベータグルカンの種類 >>
ベータグルカンとは (3)
ベータグルカンとは、多糖類の一種です。
近頃では健康食品やサプリメントの成分として注目されているのが多糖類ベータグルカンです。

ところで「多糖類」とは水素、炭素、酸素の原子が複雑に結合した分子がさらに数多く結合することで高分子という状態を成している物質の総称です。糖と名の砂糖(ショ糖)もその一種ですが、広くはジャガイモやご飯に含まれているデンプンも高分子化学では多糖類グルカンの一種に分類されます。

ベータグルカンは、水素、炭素、酸素が結合したグルコース分子が多数結合したグルカンという高分子の一種なのです。同じようにグルコースが多く結合した高分子グルカンにはαグルカン(アルファグルカン)があります。身近な例としてはデンプンがアルファグルカンから出来ています。単にグルカンと述べた場合には、これらのαグルカンとベータグルカンを両方を含めた総称なのです。

ベータグルカンを摂取するためには、キノコや酵母を食べることで補えます。
しかし、大量に摂取する必要がある場合には、健康食品やサプリメントも選択肢です。ベータグルカンを含む健康食品、サプリメントは沢山の種類が販売されていますが、パン酵母から抽出したベータグルカンサプリメントは、品質と価格のバランスがよいため、世界中でベータグルカン健康食品の主流となりつつあります。
| ベータグルカンとは | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://glucan.ortus.jp/trackback/808620
トラックバック
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE