<< 残念な「ベータグルカン」の利用法 | main | ベータグルカンの比較は、「量」優先か、「質」優先か!? >>
グルコポリサッカライドの選び方
グルコポリサッカライドとは、ベータグルカン(βグルカン)という機能性成分の別名です。

この機能性成分は、「ベータグルカン(βグルカン)」という呼び方の方が一般的なのですが、既に普及しているβグルカン(ベータグルカン)を「新製品!」と銘打って、宣伝している商品があるようです。

グルコポリサッカライド、すなわちベータグルカン(βグルカン)が、最も歴史が長く、実績の多い栄養成分であることは確かです。
これは、ベータグルカン(βグルカン)=グルコポリサッカライドが含まれているキノコを健康のために食してきた歴史の実績だと解釈できます。 近年は、このベータグルカン(βグルカン)=グルコポリサッカライドを、キノコよりも品質良く、効率的に抽出する技術と原料が飛躍的に進化しました。そのために、キノコからグルコポリサッカライドを抽出するのではなく、酵母から抽出することで、より効率的に高品質のグルコポリサッカライドが抽出されるようになったのです。
JUGEMテーマ:健康

「高純度グルコポリサッカライド」すなわち高純度ベータグルカンは、パン酵母から抽出された製品が、グルコポリサッカライドの純度が高く最も品質が良いため、パン酵母グルコポリサッカライドとして販売されています。

パン酵母グルコポリサッカライドとはつまりは「パン酵母ベータグルカン」のことなので、製品を選ぶ際にはべータグルカンという機能性成分がなるべく純度高く、なるべく多く含まれている製品を選ぶことが重要です。

高純度グルコポリサッカライドの代表と言えるパン酵母グルコポリサッカライドは、パン酵母ベータグルカンとして高純度品が広まっています。
| ベータグルカンとは | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://glucan.ortus.jp/trackback/1047552
トラックバック
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE