<< ベータグルカンを最大効率で摂る方法 | main | 残念な「ベータグルカン」の利用法 >>
ハナビラタケ増強食はベータグルカン増強食

ハナビラタケキノコの1種ですが、 このキノコに含まれるベータグルカン(βグルカン)という成分が注目を集めています。

ハナビラタケを沢山食べることでハナビラタケに含まれているベータグルカンを大量に摂取することが、 ハナビラタケ増強食(はなびらだけ強化食)の本質です。

確かにハナビラタケにはキノコとしては、 比較的多い30〜40%のベータグルカンが含まれているとされています。 一般的なキノコを食べるよりもハナビラタケを集中的に食べることで、 貴重なベータグルカン成分を大量に摂取することが可能です。

しかし、現代の科学技術はさらに効率的にベータグルカンを安全に大量に安価に食することを可能にしています。 1940年代に米国で開発されたパン酵母からベータグルカンを抽出する技術がそれです。

ハナビラタケなどのキノコではいかなる品種改良でも40%程度にしか高められなかったベータグルカンの含有率を、 酵母から抽出することで60〜85%を超えるまでに高められました。 これによってベータグルカンの摂取効率が飛躍的に良化しただけでなく、 キノコ健康食品につきものだった不純物による副作用のリスクが無くなっているのです。

ベータグルカンという成分が本当に必要な人には、 ハナビラタケ増強食を遥かに超越した健康食品・サプリメントであるパン酵母抽出のベータグルカンが最適なのです。

| ベータグルカンの疑問 | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://glucan.ortus.jp/trackback/1047547
トラックバック
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE