<< 酵母エキスとベータグルカン | main | ハナビラタケ増強食はベータグルカン増強食 >>
ベータグルカンを最大効率で摂る方法

高純度品に限らずベータグルカン(βグルカン)を摂るタイミングは、「食間」がベストです。 食事と同時に摂るのは、「モッタイナイ」ことになります。

ハナビラタケに代表される市販の多くのキノコベータグルカン健康食品・サプリメントは、 不純物(タンパク質,脂質)が多いために、ベータグルカン分子が不純物に覆われています。 そのため、ベータグルカン(βグルカン)をマクロファージに捕食させて吸収させることが困難になり、 純度以上に吸収率が低くなっているのです。

高純度のパン酵母ベータグルカンでは、精製工程において不純物を徹底除去していることで、 ベータグルカン分子周囲にも たんぱく質、脂質は殆ど除去されています。 これによって、高純度以上にマクロファージによる吸収効率が高くなっています。 ベータグルカン健康食品・サプリメントでは不純物を除去することが大変に重要で、 副作用リスクを払拭するだけでなく、ベータグルカンの吸収効率を大きく上下させます。

高純度ベータグルカンを利用する際には、 食事との時間間隔を前後に30分から可能なら1時間以上空けることが最大効率の秘訣です。 食事に含まれているタンパク質、脂質は不可欠で重要な栄養素ですが、 混合によるベータグルカンの吸収率低下は、高純度ベータグルカンが「モッタイナイ」。

だから 超高純度ベータグルカン専門店『βグルカン本舗』では、 「食間に水だけ」でベータグルカン(βグルカン)を摂取する最大効率化を推奨しています。

高純度ベータグルカンだからこそ、さらに最高効率でご利用頂きたいのです。

ただし、ベータグルカン(βグルカン)の最適な量は個人個人の体質や体調で大きく異なります。 満腹感を感じない程度の量に留めるように意識されるのが良いでしょう。 「食間=空腹時」のベータグルカン摂取は最大効率である一方で、 食べ過ぎを感じ易いタイミングです。 優れた健康食品といえども単純に食べ過ぎは避けるべきだとご留意下さい。

| ベータグルカンの疑問 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://glucan.ortus.jp/trackback/1047546
トラックバック
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE