<< ペット用ベータグルカンについて | main | ベータグルカンを最大効率で摂る方法 >>
酵母エキスとベータグルカン

「酵母エキス」と銘打った食品の分類があります。

広告の多い健康食品を目にすることが多いのですが、 加工食品への添加物としても広く使われています。原材料の表示の中に「酵母エキス」を目にすることは多いでしょう。

「酵母エキス」とは、文字通りに原料の酵母="菌"から抽出されます。原料の酵母は、ビール酵母、パン酵母 などの酵母菌など様々です。それぞれ培養層で種菌を培養することで増やし、大量に増やした菌の中から、必要な成分を様々な製法で抽出します。

ここで、「エキス」と表記すると良い成分だけを濃縮したイメージを抱きますが、 目的と製品によって成分の種類が違い、それぞれに濃度も違うのです。つまり、薄い酵母エキスもあるのです。

実は日常で最も接する機会が多いのは、 用途としては加工食品に加えられる「酵母エキス」です。 主に「旨味」や「風味」を付加するために、加えられます。 ここで「食品添加物」=体に悪い!というイメージが先行しがちですが、「酵母エキス」は法律上は「食品」として扱われます。 少なくとも化学合成した化学調味料とは一線が引かれ、 「酵母エキス」は「天然」「自然」の"旨味調味料"と見做されています。

一方で、「酵母エキス」に分類される健康食品は、 ビール酵母サプリメントを初め、パン酵母ベータグルカン黒酵母エキスなどが多く出回っています。 (黒酵母の場合は、製品内の98%が水なのでエキスと呼ぶのは困難ですが..)

「酵母エキス」の健康食品を選ぶのに重要なのは、 酵母の中から抽出されるβグルカン(ベータグルカン)という成分の量と質です。 「酵母エキス」に謳われる機能性の大部分は、このβグルカンという成分のおかげ。 その他の成分はビタミンやミネラル豊富と宣伝されるものの、 ベータグルカンにとっては不純物となります。 ビタミン、ミネラル等の栄養は、通常の食材にも多く含まれているので、 わざわざ高価なβグルカン健康食品から摂る必然は無いのです。

つまりは、「健康食品として優れた酵母エキス」は、 いかにベータグルカンを濃度高く抽出しているかが”優劣”と言えます。 ベータグルカン以外の成分を削ぎ落とす抽出で、 ベータグルカン健康食品の機能性が最大化されます。

現代に最もベータグルカンの成分濃度が高く抽出された「酵母エキス」は、 パン酵母抽母エキスを原料とした健康食品です。

現代最高レベルのエキス抽出技術でパン酵母から抽出される酵母エキスは、非常に濃度が高く、製品としての粉末状態では85%以上のベータグルカン濃度となっています。

健康食品としての 「酵母エキス」なら、今のところ「パン酵母抽出のベータグルカン」を選ぶのが最善と言えるでしょう。

| ベータグルカンの疑問 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://glucan.ortus.jp/trackback/1047545
トラックバック
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE