<< ベータグルカンの適量は? | main | ペット用ベータグルカンについて >>
「冬虫夏草」と『パン酵母ベータグルカン』の比較

冬虫夏草」と『パン酵母ベータグルカン』は、素材原料が違うものの、機能性成分がβグルカン(ベータグルカン)である健康食品であるという点は、共通しています。 この"βグルカン健康食品"に分類される健康食品の内容=品質の良し悪しは、 すなわちβグルカン量の大小=純度の違い。つまり、ベータグルカン(βグルカン)の量が多い製品が優れた製品となります。

多くの「冬虫夏草」の製品内容では、最重要成分であるβグルカンは10〜20%程度。この純度は、最も質が良いと"されている"「済州島」産の「冬虫夏草」でも、大差はありません。つまりは、多くが不純物であるということです。 一方、『オルタスβグルカン85』に代表されるパン酵母ベータグルカンには、「冬虫夏草」の数倍となる85%以上ものベータグルカン(βグルカン)が含まれています。つまり、同じ量を摂取しても「冬虫夏草」の数倍の効率でベータグルカン(βグルカン)を摂取できるのが超高純度パン酵母βグルカンの最大の特徴と言えます。

冬虫夏草」の健康食品が高価格である理由は、迷信と悪しき伝統です。確かに数十年前ならば、ベータグルカン(βグルカン)という希少な成分を獲るには、 希少なキノコ原料からしか抽出できませんでした。そのために稀少なキノコが不必要に高額だったのです。 今日では、『オルタスβグルカン85』のように、 パン酵母(イースト菌)から高純度かつ安価に抽出が可能になっており、高額で非効率なキノコを大量に食する必要は無くなりました。つまり、高額で非効率な「冬虫夏草」を買わずとも、低価格で高品質なベータグルカン・サプリメントが簡単に入手できる時代になったのです。

まだアジアでは、「冬虫夏草」や「ハナビラタケ」「メシマコブ」「アガリクス」のようなキノコ健康食品が残っており、多く流通しています。違法で派手な"奇跡的な広告"で、低品質のキノコを高額販売する手法は、早晩衰退するでしょう。今や、インターネットの普及による情報化で、多くの消費者がサプリメントの目的と成分評価ができる基礎資料を入手できるようになりました。その結果、高額なキノコ健康食品は衰退傾向であり、『オルタスβグルカン85』のような高純度パン酵母βグルカンへの置き換えが進んでいます。

今日「冬虫夏草」を選ぶ理由は希薄です。高額で質の悪い商品を買う趣味を持つ人は少ないからです。誰しもが、より高品質で、より安価な商品を望むでしょう。それこそが、超高純度ベータグルカンが時代の趨勢となった流れそのものなのです。

<Keywords: 冬虫夏草済州島産とうちゅうかそう

| ベータグルカンの比較 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://glucan.ortus.jp/trackback/1047543
トラックバック
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE