<< ベータ1・3Dグルカン とは? | main | 「冬虫夏草」と『パン酵母ベータグルカン』の比較 >>
ベータグルカンの適量は?
ベータグルカン(βグルカン)を含む健康食品が数多く流通しているものの、購入後に多くの人がベータグルカン(βグルカン)を どのくらいの量飲めばいいのか で悩まれているようです。

答えは「一律一定量ではなく、個々人の体調・体質で大きく異なる」はずなのですが、悪質な健康食品販売店の影響で大量購入・過剰摂取が後を絶ちません。

「沢山飲んだ方がイイ」、「多く飲む方が良いこと」だと、大量購入を強く勧める販売店は、本質から疑って掛かるべきです。高額にもかかわらず大量摂取が薦められるような製品程にベータグルカン(βグルカン)の質が低い商品であり、逆に販売価格は異様に高額な悪質商品・悪質販売店であることが多いようです。

摂れるだけ採るだとか、飲めるだけ飲むことが推奨される健康食品が、存在するはずも無いのですが、どうか冷静な判断を。あくまで健康食品は、通常食の補助であり、通常の食事では不足するか、もしくは摂取が困難な成分を摂取することが目的です。 通常食への食欲が減退する、もしくは食べられないほどの大量の健康食品は、健康に寄与するどころか、栄養バランスの崩壊から健康を害する可能性が高いと言えるでしょう。ハナビラタケ(はなびらたけ)などでのきのこ増強食などは、非効率で原始的なのです。

補助食品であるべき健康食品は、質の良いものを少量だけ摂るのが理想的なのです。

超高純度ベータグルカンである『オルタスβグルカン85』の推奨摂取量は非常に少量です。非常に高純度に精製されたベータグルカン(βグルカン)であれば、大量に摂取しなくとも、少量を摂取するだけで、十分な量のβグルカンが摂取できます。しかもその高品質なβグルカンは、最重要成分であるベータ1,3Dグルカンが殆どなのですから、まさに理想的な健康食品なのです。世界最高品質のベータグルカン(βグルカン)は、非常に高いベータグルカン純度であるために、最少量でも十分な質と量のベータグルカン(βグルカン)を摂取できるため、過剰摂取は不要であり、飲み過ぎは回避するようにお願いしています。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』ならば 一日に1粒もしくは2粒で予防的な取り組みには十分な摂取量です。明確な目的を持った人なら少し多めでも良いかもしれませんが、それでも1日に4〜6粒程度で、それ以上の摂取は推奨していません。

質の良い健康食品ほど、摂取量は少なくて済むのです。質の良いベータグルカン(βグルカン)ほど、結果的な費用は安く済みます。

世界最高の高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』なら、最小の費用で最大効率のβグルカン摂取が可能になるのです。
| ベータグルカンの疑問 | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://glucan.ortus.jp/trackback/1047542
トラックバック
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE