ベータグルカン健康食品の選び方(4)

「パン酵母抽出の高純度ベータグルカン」の安全性は、米国の食品医薬品局(通称FDA)から「安全基準合格」の認証を取得していることで証明されています。開発から70年を超えて品質が研ぎ澄まされたことで安全性にも磨きがかかり、安心なサプリメントとして諸外国では広く普及しているのです。

しかしながら、日本ではまだまだ本物の高純度ベータグルカン健康食品を取り扱う販売店は少ないのが実情です。一方でベータグルカン(βグルカン)という成分の機能性は認知が広まりつつあるため、それにつれて「"自称"の高純度ベータグルカン製品」が出現し始めたことが問題化しています。これらの製品はベータグルカンの含有量を公示するために不可欠なはずの成分検査をすることなく、大げさなベータグルカン成分の宣伝を繰り広げているのです。

これらの原因の多くは、他者に成分分析されると.....

続きを読むにはここをクリック >>
| ベータグルカンとは | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカン健康食品の選び方(3)

実はベータグルカン(βグルカン)を利用する際に最も重要なのは高純度で高品質な製品を利用することだと解明されて以降も、高純度のベータグルカンを継続利用することは難しかったのです。その最大の原因は、販売価格が1本5万円以上と非常に高額だったからです。

必要な健康食品がそのような高額品になってしまうと、大枚を費やして一度きり購入することならできても、毎月購入して継続利用できるほど経済的に余裕のある家庭は少ないのです。副作用の無い穏やか機能性が特徴のベータグルカン少なくとも数ヶ月以上の継続利用することが前提の製品なので、継続利用が難しい=利用できる人は少数に限定されていたのです。

このような閉塞した状況下に登場した"希望"が、『オルタスβグルカン85』シリーズです。患者側の立場だった株式会社オルタスだからこそ、開発できたと言えます。 まず、絶対条件とされたのは.......

続きを読むにはここをクリック >>
| ベータグルカンとは | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカン健康食品の選び方(1)

数千、数万もの種類が乱売されている健康食品・サプリメントの中でも、最も種類と販売量が多いのはベータグルカン(βグルカン)を主成分としている健康食品・サプリメントです。

今だに広告の多いキノコを原料として製造されるハナビラタケやマイタケ、メシマコブやチャーガ, 冬虫夏草等の健康食品の全て共通している機能性成分は、「ベータグルカン(βグルカン)」という特殊な多糖類であることが広く知られています。つまり、ベータグルカンという機能性成分こそが現代でも最大の実績と歴史を持つ機能性成分であるということです。

従来のベータグルカン製品の成分最先端ベータグルカン製品の成分

目指す成分が「ベータグルカン」だと特定済みなのだから、このベータグルカンという成分を可能な限り多く食べることが、より良い結果を導く確率を上げるられるのです。しかし、旧来のキノコを原料とする健康食品・サプリメントではベータグルカンの含有量は数%に留まっていました。ところが、酵母から抽出・精製することで60〜80%超の高純度のベータグルカンが製品されるようになったのが「パン酵母ベータグルカン」という比較的に新しい製品群なのです。

続きを読むにはここをクリック >>
| ベータグルカンとは | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
グルコポリサッカライドの選び方
グルコポリサッカライドとは、ベータグルカン(βグルカン)という機能性成分の別名です。

この機能性成分は、「ベータグルカン(βグルカン)」という呼び方の方が一般的なのですが、既に普及しているβグルカン(ベータグルカン)を「新製品!」と銘打って、宣伝している商品があるようです。

グルコポリサッカライド、すなわちベータグルカン(βグルカン)が、最も歴史が長く、実績の多い栄養成分であることは確かです。
これは、ベータグルカン(βグルカン)=グルコポリサッカライドが含まれているキノコを健康のために食してきた歴史の実績だと解釈できます。 近年は、このベータグルカン(βグルカン)=グルコポリサッカライドを、キノコよりも品質良く、効率的に抽出する技術と原料が飛躍的に進化しました。そのために、キノコからグルコポリサッカライドを抽出するのではなく、酵母から抽出することで、より効率的に高品質のグルコポリサッカライドが抽出されるようになったのです。
JUGEMテーマ:健康

「高純度グルコポリサッカライド」すなわち高純度ベータグルカンは、パン酵母から抽出された製品が、グルコポリサッカライドの純度が高く最も品質が良いため、パン酵母グルコポリサッカライドとして販売されています。

パン酵母グルコポリサッカライドとはつまりは「パン酵母ベータグルカン」のことなので、製品を選ぶ際にはべータグルカンという機能性成分がなるべく純度高く、なるべく多く含まれている製品を選ぶことが重要です。

高純度グルコポリサッカライドの代表と言えるパン酵母グルコポリサッカライドは、パン酵母ベータグルカンとして高純度品が広まっています。
| ベータグルカンとは | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータ1・3Dグルカン とは?
ベータ1・3Dグルカン とは、「ベータ イチ テン  サン ディー グルカン」と読みます。

βグルカンという成分が話題になることは多いのですが、ベータ1・3Dグルカンはβグルカンの一種であり、健康食品やサプリメントの主成分としては、最も重要な成分なのです。

化学的には「ベータ1,3Dグルカン」記述されるのが、王道と言えますが、なぜか解説書籍の多くでは、ベータ1・3Dグルカン と記されることが多いようです。

その他にも、β-(1→3)-D-グルカン、β(1,3)グルカン、β1,3Dグルカン 等々、少しづつ違った書き方をされることもあります。全て同じ成分である「ベータ1,3Dグルカン」を指します。

もしも、「ベータ1,3Dグルカン」の摂取の必要があるなら、世界最高水準の品質のベータ1・3Dグルカン 健康食品『オルタスβグルカン85』が最高の品質と驚きの低価格で販売されています。。


JUGEMテーマ:健康
| ベータグルカンとは | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
パン酵母グルコポリサッカライドとは (1)
パン酵母グルコポリサッカライド」とは「パン酵母ベータグルカン」の別称です。

パン酵母つまりはイースト菌の細胞壁から抽出、精製したβグルカン(ベータグルカン)は、「パン酵母ベータグルカン」「パン酵母抽出物」として、世界中で60年以上、日本でも10年以上の利用実績があり、多くの賞賛と結果が得られています。この「パン酵母ベータグルカン」に別の呼称を与え、「パン酵母グルコポリサッカライド」と自称しているだけの類似ベータグルカン健康食品です。「パン酵母グルコポリサッカライド」の中身はパン酵母ベータグルカンそのものなので、「パン酵母グルコポリサッカライド」の性質もパン酵母ベータグルカンの性質と全く同様です。違うのは品質としてのβグルカン(ベータグルカン)の質と量でしょう。

これは、日本にも定着しつつある「パン酵母ベータグルカン」の比較にも当てはまりますが、いかにベータグルカンの量が豊富で、β1,3Dグルカンの構成率が多いかが、優れたベータグルカンの比較法です。

日本国内では価格が高価過ぎるために、まだまだパン酵母細胞壁からベータグルカンを抽出する健康食品は普及が遅れているため、全てのパン酵母ベータグルカン健康食品は確かに"新しい健康食品"とも言えます。
もはや迷信とも呼べる程に低い品質のハナビラタケアガリクスのようなキノコ由来健康食品と比較すると「パン酵母ベータグルカン」の品質は驚くべき高品質健康食品です。しかし、そのパン酵母ベータグルカンにも、高いレベルなりの優良品と普及品が存在することは、まだまだ広く知られてはいないのが現状です。このような過渡期を狙った普及品品質のパン酵母ベータグルカンが「パン酵母グルコポリサッカライド」だと言えるでしょう。

本場米国をはじめとして60年以上も前から高純度ベータグルカンが活用され、比較評価されてきた世界の常識では、高純度ベータグルカンと普及品ベータグルカンの区別は当然。残念ながら「パン酵母グルコポリサッカライド」と称する商品のβグルカンは高純度品とは呼べないレベルです。

βグルカン(ベータグルカン)の品質が高いままに安いβグルカン健康食品が待望されていたところへ登場したのが『オルタスβグルカン85』。

その品質はまさに世界レベル。ベータグルカンが85%以上で、その中のベータ1,3Dグルカン構成率95%以上という驚愕の品質は、現状に市販されているβグルカンとして世界最高レベルの品質です。

世界品質の高品質・低価格の超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』は、まさに価格破壊的な新商品と言えるでしょう。
| ベータグルカンとは | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカンとインフルエンザの実験
ベータグルカンと乳酸菌をインフルエンザ感染のマウスに対して、併せて摂取させる実験が北海道大学で実施され、一定の成果が得られたことが発表されました。下記の各紙の報道内容です。

北海道新聞

βグルカン」+乳酸菌 新インフル予防に「効果」 北大、動物実験で確認
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/influenza/203416.html

時事通信

「インフルエンザに特効」=多糖類と乳酸菌の摂取で−北大
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009120300389

毎日新聞

新型インフルエンザ:乳酸菌など効果−−北大教授研究
http://mainichi.jp/select/science/news/20091204dde041040092000c.html

読売新聞

βグルカンと乳酸菌でインフル重症化防止…宮崎・北大教授ら
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/research/20091203-OYO8T00882.htm

47News

北大、新インフルに有効物質発見 マウス使った動物実験で
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009120301000211.html


β(ベータ)グルカンという成分は、多くのキノコ系健康食品に機能性成分として含まれており、サプリメント通には有名な成分でしたが、一般的にはまだまだ知られていない特殊な成分です。
多糖類の一種を用いた健康食品は数多く開発・販売されていますが、その中でもベータグルカンは最も歴史と実績の高い機能性成分なのです。北海道大学の実験はこのβ(ベータ)グルカンという成分と乳酸菌の相乗効果を検証し、予想以上の結果が得られたものでした。

このベータグルカンと乳酸菌を用いた実験は特別な研究機関でなくとも、一般の家庭でも安全に実験することが可能です。ベータグルカンは現在では不純物をほぼ取り除いた85%以上の純度で精製された「パン酵母抽出のβグルカン」の販売が日本でも開始されているため、これを用いることができます。乳酸菌に関しては、市販のヨーグルトを利用することで充分と言えるでしょう。

なお、北海道大学でのベータグルカンと乳酸菌の実験はマウスに対するものなので、人間に対する効果や作用はまだまだ検証の余地があることは間違いありません。
しかし、乳酸菌もβグルカンも数十年以上の長い歴史が実証しているように、で人類に恩恵を与えつつ、最も重要な安全性についても副作用が無いことが明白な食物です。つまり、過剰な期待を抑えつつ実験の検証をする限りならば、プラスにこそなれ、危険が無いのでマイナスにはならないのです。

これからインフルエンザの蔓延が危惧される真冬に向けて、信頼に足る民間療法として、パン酵母抽出のベータグルカン」とヨーグルトはこの冬の注目アイテムとなることでしょう。
| ベータグルカンとは | 07:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカン健康食品
ベータグルカンという言葉を見聞きする機会が増えてきました。
ベータグルカンが豊富」「ベータグルカンが○の何倍」という具合に、健康食品の中に含まれる成分の一種として、紹介されています。

古くはアガリクスからはじまった健康食品ブームでも、ベータグルカンという成分が多く入っていることが、アガリクスメシマコブなどのキノコから抽出した健康食品に共通する最大の宣伝文句でした。
(不純物が多いことが原因の健康被害は記憶に新しいところです)
また、最近では、原料のキノコを代えて、ハナビラタケ鹿角霊芝、チャーガなどのキノコを原料としてベータグルカンを抽出した健康食品が多く宣伝され、広く販売されています。

一方、単に「ベータグルカン」と呼ばれる健康食品が登場したことで、市場関係者だけでなく、ベータグルカン健康食品の消費者からも非常に注目を集めています。
本来、成分の名前であるはずの「ベータグルカン」が製品名になっている健康食品とは、概ねベータグルカンの純度が非常に高いことが特徴である「パン酵母原料のベータグルカン」の製品を指しています。

「ベータグルカン」と呼ばれるこの「パン酵母由来のベータグルカン」は、米国で開発された健康食品で食パン等の発酵に用いるイースト菌から抽出したベータグルカンです。

「パン酵母を原料として、ベータグルカンを高純度に抽出した健康食品は、正確には「パン酵母抽出物」と呼ばれるべき健康食品です。
ここで、ベータグルカンの純度が非常に高く、抽出物の7, 8割、つまり中身の殆どがベータグルカンであることから、「パン酵母抽出物を食べること」=「ベータグルカンを食べること」と解釈された同義語となってしまっているわけです。

要するに何かの原料から、有望な成分を抽出するという点では、
キノコ健康食品もパン酵母健康食品も目的と手段は、ほぼ同じであると言えます。しかし、結果の内容に著しい格差があることが、呼称にまで反映されているのが、「ベータグルカン」という成分名が製品名と同等同格に見做されているパン酵母ベータグルカンの優れた点でしょう。

残る問題は、経済性です。

純度が高くとも、質の良いベータグルカンが入っていてさえも、価格までも比例して高いようでは、本末転倒と言えます。
健康食品は、一時的に飲むだけでなく、継続して摂取できるような、品質と価格がバランスしなければ、意味が無いでしょう。
「ベータグルカン」=「パン酵母由来のベータグルカン」は、最も重要なベータグルカンが少なくとも60%以上、高品質の製品なら85%以上ものベータグルカンが抽出されています。あとは、これらの内容に相当する価格だけが課題として残ります。

残念ながら日本ではパン酵母由来ベータグルカンは、1本が6万円以上するような非常に高級な健康食品でした。
しかし、「ベータグルカン」=「パン酵母由来のベータグルカン」の認知度の上昇に従って、海外並みの価格=1万円以下で購入することができるようになってきました。

信頼できる商品を選ぶことで、良質のベータグルカンを安く入手できる時代になったのです。

ベータグルカンといえば、「パン酵母由来のベータグルカン」という言い換えは、現代科学の生み出した高品質低価格健康食品の典型例なのです。
| ベータグルカンとは | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカンの歴史 (6) 粗悪品の存在
ベータグルカンの開発から約60年が経過した2000年代に入って以降は、一般家庭へのインターネット導入が進んだために、一般人でも健康食品に関する様々な情報を収集することができるようになりました。社会全体の情報技術の発展によって、健康食品に関する知見もまた大きく拡がったために、品質では断トツであったパン酵母由来のベータグルカン・サプリメントが"発掘"されたのでした。

インターネットの影響は、"ブログ"というホームページを簡単に作り更新できる仕組の発達で、大勢の患者や世間の知るところとなり、ネット上のパン酵母由来のベータグルカン情報は格段に増えていきました。
昔ならば、バイブル本や口コミでしか知る手段が無かったために、埋もれていたパン酵母由来ベータグルカンの高い品質が世に出たのです。これは、旧来のキノコ健康食品に大金を費やしてきた利用者にとっては、驚きと福音をもたらしたのでした。

しかし、パン酵母由来のベータグルカンが注目を浴びるにつれて、購入者の裾野が広がるにつれ、新たな問題や弊害も浮上してきています。
それは、パン酵母由来ベータグルカンを装った擬装品や類似品の増加です。

もちろんベータグルカンは多いほど、または純度が高いほどに良品となるので価格も高くなります。しかし、ベータグルカンを少し混ぜ込んだだけの残りのほとんどの成分が全く機能性の無いデキストリンのような粗悪品なども「パン酵母由来ベータグルカン」と名付けて販売されているのです。
品質の悪い、中身の薄い商品ほど、実質を隠蔽するために、99%など90%を超えるようなベータグルカン含有量を喧伝する傾向があります。

パン酵母ベータグルカンと一口に言っても、高純度品から低純度品まで大小様々で、それぞれに価格も高い低いがあるのですが、内容(=ベータグルカンの量と質)を見極め、価格と吊り合うかどうかを見定める必要があるのです。

2009年現在にベータグルカン健康食品としても、パン酵母ベータグルカン健康食品として、最も品質の高い市販品ベータグルカンは、ベータグルカンの最低含有率の保証値を設定して、商品全体の85%以上がベータグルカンとしている健康食品が最高品質のベータグルカンです。
| ベータグルカンとは | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカンの歴史 (5) 価格低下
パン酵母由来ベータグルカンは、サプリメントの先進国である欧米ではベータグルカン健康食品の同義語として広く普及しています。

一方、キノコ健康食品がはびこる日本では、高純度のパン酵母ベータグルカンは、いまだに知る人ぞ知る健康食品でしかありません。

これだけ品質に恵まれた理想的な健康食品であるパン酵母ベータグルカンが普及していない理由は、1990年代の初期に日本へ初めて紹介されて以降にパン酵母ベータグルカンが品質以上に高額な商品として販売されていたためです。
欧米でもパン酵母ベータグルカンは高級なサプリメントです。それでも販売価格は高品質品で約US150ドル(日本円で約15000千円)、
少しベータグルカン純度の低いものはUS60ドル(約6000円)前後で広く販売されています。

何故に日本のパン酵母ベータグルカンは、米国価格の数倍の高額で販売されているのでしょうか?
しかも日本で販売されているベータグルカンは、その原材料が殆どが米国製であり、中身のベータグルカンの品質レベルまでも同等です。内容は実質変わらずとも、価格だけは米国の5〜10倍という大変な内外価格差は業者の利益と消えていました。

しかし、2000年代になるとインターネットの普及と平行して、日本でもパン酵母ベータグルカンの品質に関する知識も拡がりを見せ始めたため、米国と同等の低価格で販売される商品も出始めました。
これらの従来よりも低価格なパン酵母ベータグルカンによって、富裕層だけでなく一般人でもパン酵母ベータグルカンを継続的に摂取することが可能となったのです。
今ではベータグルカン先進国の米国と同等の最高品質とされる「ベータグルカン 85%以上の高純度品」が、1本あたり1万円以下で購入できるほどに商品価格が低下しています。

| ベータグルカンとは | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE