本物のベータグルカンを選ぶためには

一昔前に大流行したのは健康食品のアガリクス茸。
最近ではハナビラタケやハタケシメジ、カバノアナタケなどのキノコ健康食品の広告宣伝が多いようです。これらの有効成分として共通しているのが「ベータグルカン(βグルカン)」という成分です。

このベータグルカンと いう成分は、キノコの中に含まれている成分で、キノコの種類によって成分の多い少ない があります。近年では、分析や抽出技術が発達したおかげで、パン酵母(イースト菌)から とても高純度に抽出できるようになっています。似たような名前の製品には、日本で生まれた製造技術として黒酵母菌が生み出す黒酵母ベータグルカンという製品が開発・販売されていますが、紹介料を目的としたマルチ商法の商材としての注目度の方が多いのは残念なことです。製品中の水分が98%βグルカンはわずか2%前後の製品を高額で購入するよりも、もっと安くて良いベータグルカン製品があるということを知っておくべきでしょうね。

ImunoLogico

この ベータグルカン(βグルカン) を主成分とする健康食品は歴史が長く実績が多いため、多様な形態で数多くの製品が販売されています。全ての製品は入っているベータグルカンの量が多いことを「豊富な」とか「自信がある」、「自慢の」と自社製品を賞賛していますが、大事なことは客観的な比較検討をするために、含有量や含有率などの”数値”を確認することが必要でしょう。
酷い製品では全体に占めるベータグルカンの量が たった1%程度の製品でも、堂々と販売されているのですから。

もっとも注意が必要なのは、実は高額品です。「健康食品は ある一定の金額を超えると、逆に質が下がる」傾向があるのです。
数十万円もする高額健康食品なのに、成分的には40%程度しかベータグルカンが入っていないキノコ健康食品が数多くあることは知っておくべきでしょう。成分が素晴らしく優秀でも、実質に含まれている量が少ないと、機能性は低くなるのは道理。しかも、これらの高額健康食品の中身は半分以上が不純物なのですから、実は大変に非効率なのです。

選ぶべきはベータグルカンが60%以上は含まれている製品です。できれば85%以上の高純度に精製されたベータグルカンが、先進国各国での世界標準となっています。

ところで、表示されている ベータグルカン(βグルカン) の含有量は本当なのでしょうか?

続きを読む >>
| ベータグルカンの疑問 | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
冬虫夏草の主成分を熟考すると。
冬虫夏草(とうちゅうかそう)」とは、不思議な名前の食品ですが、実はキノコの一種です。冬虫夏草が有名なのは漢方薬として用いられ、万能薬として位置付けられてきたからです。

つ い数十年前までの"昔"はこのようなキノコを食べることしか、難病に対抗する手立てが無かったのです。何が良いのかという原理が判らずとも、何千もの種類 のキノコを試した結果の経験則として、冬虫夏草が最も効果が高かったというのは、先人の知恵として賞賛されるべき「知の集大成」だと言えます。分析技術も 装置も何も無い時代に、食べた結果の作用効果としての経験を積み上げて"解析"したのですから、気の遠くなる程の時間をかけた知恵の結晶なのです。

しかし、現代の分析技術と近代の化学理論によって、「冬虫夏草の働きの秘密・仕組み」は既に実質的に解明されています。

明らかになったのは、冬虫夏草が体に良い理由が、その中に「ベータグルカン(βグルカン)」という成分が含まれているからだという事実です。

この原理は、その他の多くのキノコにも共通します。冬虫夏草だけでなく、マイタケ鹿角霊芝ハナビラタケやハタケシメジも全てのキノコの健康食品の働きは、中に含まれているβグルカンの働きであることが既知の事実です。

ベータグルカン(βグルカン)とは水素と酸素と酸素が複雑につながった高分子で、キノコだけでなく酵母にも多く含まれていることが、解明されました。近代の分析技術の進化の賜物です。

1990 年代に入るとさらに分析技術が高度化したことで、ベータグルカンには様々な形(分子形状)があり、鍵型や直線、バネ型など、それぞれに性質が違うことも分かっ ています。2000年代からは、ベータグルカンの中でもバネ型=らせん形状になっている「ベータ1,3Dグルカン」の機能がベータグルカンに期待される機能性を全 て担っていることも判りました。つまり、役に立たないβグルカンもあることが解ってきたのです。

しかしながら、冬虫夏草だけでなくキノコを原料とする健康食品は、まだまだ数多く販売され、利用されています。その多くは、基本的に知識不足な消費者に対する圧倒的な量の誇大広告による洗脳作用の成果です。

単 純に冬虫夏草に大々的な広告が新聞やテレビで展開されるのは、多額の宣伝費用を掛けても利益が確保できるからです。つまりは、安く仕入れた冬虫夏草でも、 良いイメージを摺り込むことで、高い値段で売り付けることができるのです。大げさな作用効果のキャッチコピーは患者の気を惹きつけ、奇跡のような回復体験 談(創作)は病床からでも希望を抱かせてくれます。広告を読まされて摺り込みの知識に洗脳された結果、「新聞に書いてあった」と錯覚するのは不幸な理解以 外での何物でもありません。その結果、悪徳業者の言いなりに月々の払いが数十万円となってしまう商品が多いのも冬虫夏草の特徴だと言えます。

冷静になって少しだけ本質を考えて見ましょう。
冬虫夏草の何が良いのか。
冬虫夏草の中の何が体に良いのかを。
冬虫夏草の最高の産地とされる韓国済州島産がどうして良いのか。。。


冬虫夏草の成分は既に分析されています。含まれているベータグルカンの多い冬虫夏草が良い冬虫夏草で、含まれているベータグルカンが少ない冬虫夏草が残念な冬虫夏草なのです。もちろん済州島産であるかどうかは殆ど意味の無い基準です。

冬虫夏草からしか内容成分のベータグルカンが食べられなかった時代までは、冬虫夏草は最も優れたベータグルカンの供給源だったと言えるでしょう。

し かし、分析技術や抽出精製技術が進化した現代では事情が大幅に変わりました。"昔"は重宝がられた冬虫夏草の実体が、中に5〜30%程度含まれているベータグルカンの恩恵であることが判明し、そのベータグルカンは他の原料から抽出精製することで、冬虫夏草の3, 4倍の濃度純度の食品が製造できるようになったのです。

冬虫夏草は優れたキノコだと宣伝広告や販売店は教えてくれます。しかし、もっと優れた製品があることは決して教えてくれないのです。

冬虫夏草よりも数倍のベータグルカン純度まで高純度に精製されているにもかかわらず、冬虫夏草よりも数段安い価格で購入できる製品は開発・市販されているのです。今や中身の薄い=有効成分の少ない冬虫夏草を、高額で購入する理由は無いと断言できます。

サプリメントの利用が進んでいる欧米では高額なのに内容成分の効率も悪い冬虫夏草やマイタケエキスではなく、もっと安く内容成分の効率が良い酵母抽出のベータグルカンが主流となっています。

酵母抽出のβグルカンサプリメントなら、製品内の60〜85%がβグルカンで占められているため、非常に効率が良いのが特徴です。日本ではまだ高額な健康食品ですが、「パン酵母由来のベータグルカン」を調べれば、本当に大切な成分を効率的に食する方法に辿りつけるでしょう。
| ベータグルカンの比較 | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
ベータグルカンの比較は、「量」優先か、「質」優先か!?

ベータグルカンは質より量を優先すべきなのか!?

期待するベータグルカン(βグルカン)の機能性を発揮させるためには、ベータグルカンの摂取量が少な過ぎると何も反応が起きないことがあります。やはり一定量以上は摂取しなければ、期待する成果をあげることは困難です。

ベータグルカン1, 2%程度しか含まれていないような希薄製品は論外として、20〜30%程度含まれていると表記している製品でも、ベータグルカンの機能性を恩恵を受けるためにはかなり多くの量を摂取する必要があります。これは製品の中にベータグルカン以上に含まれている不純物がβグルカンの働きを阻害するためです。間違ってこのような非効率なβグルカン製品を購入してしまうと、非常識なほどに大量に健康食品やサプリメントを食しなければ、機能性の恩恵には授かれないため、食生活のバランスまで崩してしまうリスクさえあるので注意だ必要です。

健康食品やサプリメントの製品を沢山の量食べるという意識ではなく、その中に含まれている成分としてのβグルカンを食するのだという意識が大切です。

純度が10%程度のベータグルカン製品を5個も6個も食べて満腹になってしまうよりも、高純度の80%前後のβグルカンを1粒だけ食べる方が、内容成分としてのベータグルカン量は多く食べられることになるのです。つまりは、ベータグルカンは一定量以上の摂取は不可欠だけれど、質の悪い製品を大量摂取しても無駄が多いため、品質の高い製品を選ぶことで、実質として大量のβグルカン摂取を実現することが大事なのです。

ベータグルカンは量より質を優先すべきなのか?!

ベータグルカン(ベータグルカンの質が悪い場合に起こる現象で、質の良いベータグルカンであればある程度は摂取量に比例した機能性が期待されるのです。

量が多くても質の悪いベータグルカンとは、ベータグルカンの分子の形で分類されます。バネのような螺旋形状のベータグルカンだけが機能性のあるベータグルカンで、これ以外の直線形状やL字形状のβグルカンには機能性が無いことが解っています。だから、良い品質のベータグルカンとは、バネ形状のβ1,3グルカンが沢山入っているβグルカンを意味するのです。

ベータグルカンの純度が高くてベータグルカン成分が大量に入っている製品でも、ベータ1,3Dグルカンが少ししか入っていない製品は質が良いとは言えないのです。

唯一の機能性成分であるβ1,3Dグルカンが入った質の高いβグルカン製品を選ぶことが重要なのです。
世界標準の超 高純度βグルカン

「βグルカンの質が良く!、βグルカンの量も多い!!」これが一番良い!!!

βグルカン選びの本質は「量」も「」も、どちら優先すべきで、絶対に妥協してはいけないのです。
ベータグルカンの含有率が高く、ベータグルカン(βグルカン)の絶対量が多い、しかも、そのベータグルカンの種類がベータ1,3Dグルカンで占められている」これが最高のβグルカン健康食品サプリメントの選択基準です。数十年前まではこのような製品・商品は存在しませんでした。キノコの品種改良や新種に一喜一憂したものの、いづれも低純度であり非効率でありながら高額品が横行していました。

しかし、1990年代の抽出精製技術の高度化によって、酵母菌の体内から効率良く、良質のベータグルカンが抽出できるようになったのです。これは今まで無かったほどの高純度化された製品であったため、パン酵母抽出ベータグルカンとして脚光を浴び、飛躍的に普及しました。イースト菌つまりはパン酵母の中に含まれているベータグルカンを抽出精製することで、大量のβグルカンが取れるだけでなく、中のベータグルカンの種類の大部分がβ1,3Dグルカンへと精製できたために、大変に効率よく、良質のβグルカンが摂取できる画期的な製品だったのです。
世界標準の超 高純度βグルカン
つまりは、「ベータグルカンの量が多い、質も良い製品」は既に市販されているのです。日本でも1990年代に直ぐに輸入販売が開始されましたが、超高級サプリメントとして6万円前後で販売されたため、一般庶民が利用には高額な費用が大変な負担でした。

しかし、2000年を過ぎて登場したのが、直輸入、直販、通販限定とすることで価格を大幅に低減した『オルタスβグルカン85』でした。これによって、質の良いベータグルカンを多く、しかも安く食することが可能となったのでした。

今ではベータグルカン健康食品は、量も、質も、価格も、全てを満足する製品を探し当てることが可能となっています。
 
| ベータグルカンの比較 | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE